子供の日焼けは大人より危険!?色が戻らない?肌にダメージ?

子供の日焼けは大人の日焼けとどう違うのでしょう。

お外で遊ぶ機会が増えてくる季節になり、
お子さんの肌が心配になりますよね。

夏は日焼けしても健康的で見た目にも良いけど、、、
冬までに元の肌色に戻るの?
肌へのダメージはどれぐらい?

今回は気になる子供の日焼けについて
見ていきたいと思います。

子供を日焼けから守れるのは親!外出するときにおすすめの服装は?

夏になると露出の高い服を着てしまいがち。

暑いのに長袖を着るのもちょっと…と感じてしまいますよね。

しかし紫外線は年々強さを増していて、
世界保健機構(WHO)も紫外線対策を推奨しています。

子供の肌は大人と比べても紫外線の影響を受けやすく、
皮膚ガンのリスクも高まるため、
日差しの強い季節は特に紫外線対策をしなければなりません。

子供の紫外線対策として最初に思い浮かぶのは、
日焼け止めクリームを直接肌に塗る方法です。

日焼け止めクリームは日差しが気になる時に
いつでも塗ることができ、
簡単に紫外線対策ができることがメリットです。

しかし、日焼け止めクリームの効果は
時間が経つにつれて薄まっていきます…。

ママが一緒にいる時は塗り直すことができても、
保育園や幼稚園、小学校などに通い始めると
そういうわけにもいきませんよね。

それに、汗かきな子供たちは日焼け止めクリームを塗っても
すぐに流れ落ちてしまいそう…。

紫外線対策をしたと思ってもやっぱり心配です。

そこでもう一つの紫外線対策、
紫外線カットができる服や上着を着ることで、
紫外線から子供たちの肌を守ることができます。

紫外線カットの服は着ているだけで
確実に紫外線から子供の肌を守ってくれる効果があります。

日焼け止めクリームだけでは心配でも、
紫外線カットの服を着ていれば、
より効果的に紫外線から肌を守ることができます。

UVカット服の選び方は?

紫外線から子供の肌を守るために大切なのが、
紫外線カット加工がされた素材を選ぶことです。

最近では色々な種類のUVカット服がありますが、
UVカット加工の素材には大きく分けて
練りこみタイプとコーティングタイプがあります。

練りこみタイプは、布地になる前の繊維に
UVカット加工を施すことで効果を持続させることができ、
洗濯などによるUVカット率の低減がないと言われています。

コーティングタイプは、紫外線をカットするコーティング剤を
仕上がった衣服の表面に塗布したもので、
効果は洗濯などによって少しずつ薄れていくようです。

UVカット服といってもそれぞれ特徴があるので、
お子さんの普段のコーディネートを想定しながら、
どちらの素材選ぶのか決めていくといいと思います。

紫外線対策用の服や上着は、
日差しの強い屋外での使用が多くなると思います。

日焼けから肌を守るためにUVカットの服を購入したのに、
子供が暑がって着てくれない…
ということがあるかもしれません。

お子さんに着てもらうためにも、
出来るだけ薄手で軽い、通気性の良いものを
選ぶのがおすすめですよ。

子供と日焼け止めの関係…大人用はOK!?正しい使い方や危険性は?

子供用の日焼け止めクリームがあることは知ってるけど…
自分用と分けるのが面倒だし大人用を塗っても大丈夫かな、
と思っている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、子供にはやはり子供用の日焼け止めクリームを
塗ってあげる方が良いと思います。

子供と大人では皮膚の厚さが違うこともあり、
子供用の日焼け止めクリームは
肌に優しい仕様になっているものが多いです。

成分表を見ても、大人用と子供用の成分に
本質的な違いは無いと言えますが、
肌への刺激を減らすためにも
子供用の日焼け止めクリームをおすすめします。

しかし、そもそも子供に
日焼け止めクリームを塗ること自体どうなのか?
という疑問もありますよね。

いくら紫外線対策をするべきだといっても、
積極的に日焼け止めクリームを使用することは
迷ってしまうところです。

子供の肌はデリケートで弱いです。

紫外線の影響を受けやすいのはもちろんのこと、
日焼け止めの影響さえも受けやすいのです。

最近は「ノンケミカル」の日焼け止めクリームもありますが、
これは100%自然なものというわけではなく、
「ケミカル=紫外線吸収剤配合」に対し、
「ノンケミカル=紫外線吸収剤無配合」のことです。

この「ノンケミカル」という言葉は、
紫外線を化学的な性質で防御する「紫外線吸収剤」を配合せず、
紫外線を物理的な性質で防御する「紫外線錯乱剤」のみを使用した
日焼け止めに用いられる言葉として使われたことが始まりであり、
なんとなくそうかな?と思い込んでいるだけで、
「化学物質を配合していない」という意味ではないのです。

ですが最近では製品開発技術も進み、
商品化されている化粧品成分の多くは
人体にほとんど毒性がないものになってきています。

もちろん多少の肌への刺激はありますが、
日焼け止めクリームに配合されている成分が
皮膚から吸収されて体内に蓄積したり、
皮膚ガン発生のリスクを高めるといったことは
今ではほぼありません。

ですので、子供に日焼け止めクリームを塗布する時は
子供用のものを使い、休日のお出かけや外で遊ぶ時は
こまめに塗り直すようにしてくださいね。

保育園や幼稚園、小学校などの長時間ママと離れる時は
日焼け止めクリーム+UVカット服を着せると安心ですね。

まとめ

ここまで、紫外線から子供を守るための服装や
日焼け止めクリームの使用法について見てきました。

しかし子供のためを想って色々と対策をしても、
やっぱり日焼けしてしまった…
ということがあるかもしれませんが、大丈夫です。

日焼けした肌色が戻らないということはありませんので
心配しないでくださいね。

個人差はあるかもしれませんが、
大人も子供も関係なく、皮膚の仕組みによって
日焼けした肌の色は元に戻っていきます。

すでに知っている方も多いと思いますが、
皮膚は大きく分けて3つの層からできています。

そして一番上の皮膚(色が変わる皮膚)は
さらに4つの層に分かれています。

皮膚が紫外線によって日焼けすると、
4つの層の一番下から新しい細胞が生まれ、
時間をかけて表皮に向けて上がっていきます。

この新しい細胞が一番上に到達すると新しい皮膚になり、
日焼けによって色が変わった古い細胞は剥がれ落ちていきます。

この繰り返しによって、
日焼けしてしまった肌も元の肌色に戻っていくのです。

平均的には、新しい細胞ができて元の肌色になるまで
約4週間程かかり、その色が定着するまでに
約2週間程かかります。

合わせると約6週間と長く感じますが、
夏に日焼けした肌も秋冬には元に戻っている
ということになりますね。

特に子供は新陳代謝が活発なので、
これよりも早く元の肌色に戻ると思いますよ。

実際に私の子供も、夏休みの旅行でかなり日焼けした肌が
その冬には元の色に戻っていました。

紫外線による肌ダメージは
年齢と共に蓄積されていくものなので、
赤ちゃんの頃からケアが必要です。

子供の将来の肌のためにも
日焼けはさせたくないと思うのが親の気持ちですが、
実は紫外線は絶対悪ではないことを知っていますか?

紫外線を浴びることによって
体内で合成されるビタミンDは万能ビタミンとも言われ、
骨や脳の発達、病気の予防には欠かせないものなのです。

長時間紫外線を浴びると肌にダメージを受けてしまいますが、
子供の健康のためにも必要な紫外線。

日焼け止めクリームやUVカット服を上手く活用して、
子供を外で思いっきり遊ばせてあげられるようにしてあげたいですね。

関連記事

子供の貯金の平均額は?どうやって貯める?何に使うことが多い?

生後4ヶ月の平均身長や体重は?増えないときはどうするべき?

怖いけど…知ってみたい!赤ちゃんはパパとママどっちが好き?

育児でイライラは当たり前!?楽しめる人は解消法を知っている!

幼稚園で仲間はずれの対象に…男の子グループでよくあることは?

幼稚園年少の我が子と夏休みの計画!楽しく過ごすためのコツは?