幼稚園児も自分で身支度!便利で安全な収納グッズが知りたい!

幼稚園に入ると、毎日の持ち物もなにかと多くなり
ごちゃごちゃしてしまいがちですよね。

これまで自分で身支度をしたことがないお子様は特に、朝は何をすれば良いのか
分からずママが準備をしてしまうことが多いのではないでしょうか。

ですが、あらかじめ子供用に使いやすい収納環境を用意してあげることで、
幼稚園児でも自分で身支度をすることが出来るようになりますよ。

自分で持ち物の準備や片付けが出来るようになると、必要なものを選び取る力を養うことができ「判断力」を身につけることができますし、自分自身で身の回りのことが出来るようになると「自立心」も生まれてきます。

子供のためにも良いことだらけな収納環境を作って、
ママも子供もストレスなしの朝を迎えられるようにしましょう。

幼稚園の身支度で慌てないために!自宅に収納コーナーを作ろう

子供用の収納コーナーを作る時にまず気をつけなければいけないのが、
子供の目線に合わせて」作られているか、ということです。

高さや使い勝手など、子供の成長によって作りも変えていくことになりそうですので、
凡用性の高いアイテムを使うこともポイントです。

最近ではニトリのカラーボックスを使った収納が人気ですが、
これを子供用にアレンジしているママも多いようですよ。

小さい頃おもちゃの収納用にカラーボックスを使っていた、
という方がいらっしゃればまずはそれを使ってみても良いかもしれません。

収納コーナーを作る際のポイントを押えていきながら、
他のママのアイデアをみていきましょう。

  • カラーボックス+セリアやダイソーのボックス

カラーボックスを使った子供用の収納の多くは、
セリアやダイソーなどのボックスを組み合わせて作られているものが多いです。

ボックスの見えるところに収納しているアイテムの名前やイラストと書いたシールを貼ると、子供も必要なものをひと目で探すことができますよ。

  • カラーボックス2個+インボックスやクリアボックス

普段着やアウターをかけるポールもついでにまとめてしまおう、というママは
カラーボックスを2つ使い、突っ張り棒などを組み合わせて作っている方もいます。

カラーボックスの高さであれば、子供が帰宅して脱いだ服をすぐにハンガーにかけられる位置に調節することもできますので、ママの負担も軽くなりますよね。

  • オープンシェルフ+ボックスで収納

オープンタイプのシェルフにボックスやバスケットなどを組み合わせて、
通園グッズを取り出しやすい収納を簡単に作ることもできます。

バスケットなどの大きめの収納は、後々、他の用途に使い変えることも出来るので
買っても損は無いと思います。

小物などは細かい仕切りを作って一つのボックスにまとめると、
子供も探しやすく取り出しやすいので良いですね。

子供も使いやすい収納を作るにあたって、
目線や使い勝手を考えて見るとかなり参考になるものだった思います。

また、収納を作るときのポイントとして「通っている園と近い環境を作る」「収納場所をまとめる」「子供にも扱いやすいアイテムを使う」「何がどこにあるのかわかりやすくする」などがありますので、お部屋の雰囲気に合わせて、工夫してみてくださいね。

「通っている園と近い環境を作る」に関してですが、例えばカバンを入れる場所を決めたとします。ハンガーにかけてみたり、そのまま棚の部分に投げ入れ式にするなどやり方は色々ありますが、園でお片づけをする際にカバンを投げ入れ式にしているのであれば、それに合わせてお家でも投げ入れ式を採用し、子供に園と家での違いが負担にならないようにするのも使いやすさとやる気を誘うポイントです。

幼稚園の身支度を楽しく!おすすめグッズは?その収納力は?

せっかく収納スペースを作ったのに子供が興味を示してくれないとショックですし、使い方がよく分からない…ということにならないために、まずは収納スペースを子供と一緒に完成させましょう。

大枠の組み立てが終わったところで、インボックスを使うなら子供の好きなキャラクターや動物などのシールを用意して、デコレーションを手伝ってもらってみてください。

自分も参加して作ったということが一番記憶に残ると思いますし、例えば自分の好きなキャラクターなどのシールが貼られているのであれば、毎日触ったり見に行きたくなりますよね。

また「これはここにあるよ」などの声かけをしながら一緒に作っていくことで、
次の日からも混乱せずに使うことが出来るのではないでしょうか。

それぞれお家の雰囲気やスペースの広さなどによっても作るものは変わってくると思いますが、比較的安価に揃えることが出来る収納アイテムを一緒に見ていきたいと思います。

  • セリアのライナケース

子供用の下着や洋服、靴下などは、セリアのライナケースの大きさで十分収納出来ると思います。大きすぎないので、衣類を季節ごとに分けてしまっておくこともできますし便利なアイテムだと思います。

蓋の付いているボックスなどもありますが、子供の使うものなので蓋を開けさせる手間は省いた方が良いかもしれません。値段も安いので、まとめて買うことができてとても便利ですよね。

  • ニトリのインボックス

ニトリのインボックスは大きめのものから小ささめのものまで、
サイズや色も豊富で選べるところが良いですね。

ニトリで売っている横幅42㎝のカラーボックスにピッタリ収まる大きめのインボックスもありますので、服を収納したり、小物類をさらに仕切ってまとめることで、見た目にもスッキリとした収納スペースを作ることができますよ。

  • 無印良品のクリアケース

無印良品のクリアケースは、ボックスそのものに引き出しが付いているので
用途別にまとめて収納する時に便利だと思います。

高さや奥行きもいくつか種類がありますが、
子供用の衣類であれば十分に収納が出来る大きさです。

また、同じ規格のものは重ねて使うことが出来るので
組み合わせ次第でとても使いやすくなりますよ。

クリアケースと言っても、半透明で完全に透けて見えるわけでは無いので、
収納をスペースをシンプルに見せたい方におすすめです。

まとめ

いくつかのパターンとおすすめアイテムを見てきましたが、
お部屋の雰囲気に合いそうな収納スペースのイメージは湧いてきましたか?

通園グッズの収納は、子供が自分で片付け・準備しやすい環境を整えてあげれば、
毎日の身支度もスムーズになりますよ。

女の子・男の子それぞれの雰囲気に合わせて、見た目に一手間加えてみるのも
毎日楽しく身支度をしてくれるようになるコツかもしれません。

それぞれのお家やお子様にあった収納方法で、
ママも子供もストレスなしの朝を迎えたいですね。

関連記事

1歳の我が子が離乳食を食べない...ミルクしか飲まなくて心配!

やっぱり気になる天才の育て方!そのカギは幼少期にある!?

でんぐり返しはいつから始める?どう教えるの?気をつけることは?

必要性は?注意点は?チャイルドシートを友達の車で使うとき

子供の喧嘩は成長の証なの?親の介入が必要なのはどんなとき?

赤ちゃんの髪の毛が薄い!伸びる速さが違う!これって大丈夫?