赤ちゃんのブリッジするのは成長の証!?その影響や注意点は?

赤ちゃんの行動はとても可愛らしいものですよね。

そんな赤ちゃんの可愛らしい行動の中には、
大人の親から見れば不思議だな〜と思うような行動もありませんか?

 

例えば、赤ちゃんの「ブリッジ」です。

赤ちゃんなのに、あれほど背中を反り返らせてブリッジをする赤ちゃんの行動は、
かわいいと思いながら不思議な動きをするな〜と思ってしまいますよね。

今回は赤ちゃんのブリッジについて詳しくお話します。

赤ちゃんがブリッジするのはいつごろ?なぜこの動きをするの?

赤ちゃんのブリッジとは一体どのような行動なのでしょうか。

 

赤ちゃんのブリッジとは赤ちゃんの「反り返り」のことです。

ブリッジという体制がありますよね?

あのような体制を赤ちゃんがすることがあります。

それを赤ちゃんのブリッジというのです。

 

しかし赤ちゃんのブリッジはいつ頃から始まるものなのか
気になっている人もいるのではないでしょうか。

赤ちゃんがブリッジを始めるのは、
だいたい生後5〜6ヶ月頃から始まると言われています。

 

しかし全ての赤ちゃんがブリッジをするというわけではありません。

実際に私にも今1歳になる子供がいるのですが、
我が子は1歳になるまでの間にブリッジをしませんでした。

なので、「うちの子ブリッジしないんだけど…」と心配になる必要はありませんよ♪

 

ブリッジは早い子は生後4ヶ月くらいではじめたということも聞きますし、始める時期にしても、するかしないかにしても本当に個人差のあるものなので気にしなくて大丈夫です。

なんで、ブリッジをする赤ちゃんがいるのか気になりますよね。

赤ちゃんのブリッジは赤ちゃんの筋肉の発達で起こるのです。

 

赤ちゃんの筋肉がブリッジを始める時期になると
筋肉を伸ばす力というのができるようになってきます。

そのためにブリッジは起こる物なのですね。

 

人間の筋肉は「伸ばす筋肉」と「曲げる筋肉」があります。

生後3〜4ヶ月頃までは曲げる筋肉のほうが強いのです。

 

その証拠に、そのくらいの赤ちゃんを思い出してみてください。

体を丸めているようなポーズをよくとっていませんか?

 

それは曲げる筋肉が優勢だからです。

生後5ヶ月以降になると、曲げる筋肉よりも伸ばす筋肉が優勢になってくるわけです。

 

そのため赤ちゃんは丸めていた体を伸ばすことつまり反り返るという動きが
できるようになるのでブリッジができるというわけなのです。

赤ちゃんのブリッジは成長には必要!?親が気をつけることは?

赤ちゃんのブリッジは先ほどもお話ししたように、
赤ちゃんの筋肉が発達することで起こります。

ブリッジは赤ちゃんの成長に必要といえば必要ですが筋肉の発達がきちんと
できているのであればブリッジをしなくても問題はありませんよ。

 

ブリッジの他に飛行機のような体制であったり赤ちゃんが背ばいをしていたりすると
きちんと伸ばす筋肉も発達しているということなので参考にしてみてください。

ブリッジをしているときに親として気をつけることはというと
赤ちゃんは大人のように腕で支えてブリッジをするわけではありません。

 

頭で支えながらブリッジをすることが多いと思うので赤ちゃんがブリッジをするときは、床にクッションマットを敷いたりして対応してあげましょうね。

まとめ

多くの赤ちゃんがブリッジの体勢をすると思います。

しかし、中にはしない子もいるのであまり神経質に気にしなくても大丈夫です。

はじめる時期も個人差がありますが、次第に曲げる筋肉がより発達してくると赤ちゃんのブリッジも見られる事は少なくなってきますよ。

赤ちゃんらしい行動のひとつ「ブリッジ」について今回はお話ししてみたので参考にしてみてくださいね。

関連記事

初詣に赤ちゃんを連れていっても大丈夫?気をつけるべきことは?

赤ちゃんのお座りを助ける椅子がある!?その使い方や注意点は?

ハイハイの前につかまり立ちが始まった!順番が逆!?成長に影響は?

子供が車で寝たら…車内に置いたままにしてはいけないの!?

お年玉の相場って一体どれくらい?赤ちゃんの場合はどうしてる?

母親がインフルエンザに!赤ちゃんを守るためにはどうすればいい?