両親ともに黒髪なのに…子供の地毛が茶色!考えられる原因は?

両親ともに日本人で髪の毛の地毛が黒いのに、
子供はなぜか地毛が茶色い場合がありますよね。

羨ましいなと思う反面、小学校や中学校になると
いじめの対象や先生から何か言われないかと心配になります。

私が中学校の頃、風紀検査で髪の毛のチェックもあり
毎回先生に髪の毛が茶色いと止められる友達がいました。

今では入学の時に地毛が茶色いですと申請をする学校も多いようですね。

両親が黒髪だったら遺伝は関係ない?と感じますが、一体何が原因なのでしょうか?

今回は子供の茶色い髪の毛について知っていきましょう。

いじめの対象にならないか心配…子供の地毛が茶色は珍しいの?

たまに両親は黒髪なのに、子供は染めた様に茶色い髪の毛の子がいますよね。

この様な事は珍しいパターンなのでしょうか?

答えとしては、まったく珍しくありません。

その理由は、子供の髪の毛は特に
出生半年ぐらいの期間で髪の毛の質や濃さが大きく変化するそうです。

なので生まれたばかりは黒髪だったのに成長と共に茶色く変化することもあり得ます。

また逆に茶色かった髪の毛が黒髪に変わる事も、もちろんあり得ます。

まだ小さい頃は黒色を作るメラニンもしっかり作られておらず、
成長と共にその量も多くなってくるので心配する必要はないでしょう。

もちろんそれ以降も生活習慣なども影響してきますが、髪の毛の色は変化してきますよ。

また遺伝も関係があるのではと思うかもしれませんが、
遺伝はほとんど関係がありません。

私も実際子供の頃と髪色や髪質は全く違います。

子供の頃は逆に真っ黒で直毛でしたが、
大人になるにつれて黒髪でも真っ黒ではなくなりくせ毛に変わりました。

親にとっては地毛が茶色いという事で
お友達からいじめられないかなど、心配するでしょう。

お肌の色も色が白い子もいれば黒い子だっています。

それも個性なので堂々としていればいいのです。

学校ではあらかじめに申請をしておくと、何かと先生から言われると
よけいにストレスになったり子供自身が他の事違うの?と思うかもしれません。

なので言われないためにも申請するのがおススメです。

子供の地毛が茶色いのは?成長と共に髪色&髪質は変化する?

先ほども少し触れた様に、子供の髪の毛は成長と共に変化してきます。

詳しくお話をしますと、メラニンはひとつではなく
ユーメラニン」と「フェオメラニン」と言うのが存在します。

髪の毛の色はこの二つの成分の配合具合で変わってくるんですね。

その中で黒色を担当しているのが、ユーメラニンなのです。

赤ちゃんの頃はユーメラニンの量がまだ少なく成長と共に少しずつ増えてきます。

なので赤ちゃんは特に茶色かったり、
黒髪でも少しグレーの様な髪の色の赤ちゃんもいるのです。

フェオメラニンがユーメラニンより多いという証拠ですね。

後々その割合がフェオメラニンの方が多くなり
茶色かった髪の毛が黒髪へと変わっていくのです。

またしっかりとした黒髪を作っていきたいというのであれば、
食事内容を意識しましょう。

大豆製品や乳製品がおススメですよ。

もちろんそればかり食べてはいけませんが、
栄養のバランスが取れた食事を子供に食べさせてあげましょう。

もし母乳を飲ませているママは、
脂っこい食事ではなく野菜中心の食事を意識しましょうね。

まとめ

地毛が茶色いというのは大人から見れば、可愛くて羨ましいなと思いますが

実際子供がそうだったら将来ちょっと気になりますよね。

でも心配する必要はないようですね。

髪質も色も少しずつ変わっていきます。

なので逆に今の姿を写真なのでおさめてみてはいかがでしょうか?

髪の毛が茶色い時期は今の内かもしれませんよ。

 

 

 

 

関連記事

育児でイライラは当たり前!?楽しめる人は解消法を知っている!

保育園児の我が子と年賀状作り!気をつけたいこと&作成のコツ

夫婦喧嘩を子供が仲裁はNG!?成長に影響を及ぼすことになる!?

なぜ?幼稚園で友達ができない我が子…その原因や解決法は?

幼稚園児も自分で身支度!便利で安全な収納グッズが知りたい!

子供がすぐ拗ねるのはなぜ?パッと笑顔にする方法ってある?