笑顔の裏に衝撃の真実!?保育園の先生の本音をこっそり大公開!

子供を保育園に預けていると気になるのが
保育園の先生との関係ではないでしょうか。

子供を保育園に預けている身としては、保育園の先生が
実際にはどのようなことを思っているのか…
または考えているのか…ちょっと知りたいと思いませんか?

この記事では、保育園の先生の本音をこっそりお教えしちゃいます!

笑顔の裏には実際にはどのような真実が隠されているのか…
ズバリ!暴いていきます!!

親に対する保育園の先生の本音…苦手な親は?迎えが遅いとイラッ?

いつも子供の送迎のときには笑顔で出迎えてくれる保育園の先生ですが
保護者に対してどのような本音を抱いているのか気になったことはありませんか?

保育園の先生も仕事ですから、利用者の前では笑顔で対応します。
この道のプロですからね。

ですが、保育園の先生の一人の人間なのです。
苦手な親もいるというのが本当のところです。

まずは、クレーマーな保護者です。

保育園で子供を預かっているのですからその間に子供が
怪我をするようなことがあってはいけないものですが
子供ですから、遊んでいる最中に転んでしまったなど
防ぎようのない怪我をすることもあります。

そんなとき擦り傷ひとつにもクレームを言う保護者もいます。

保育園の先生の本音としては、子供に怪我をさせてしまったということに
申し訳ない気持ちもそれはもちろんありますが
「子供の怪我はしかたない」と言ってくれる親が多い中クレームを言われると
一人でたくさんの子供たちを見ているのだから擦り傷くらいは
大目に見て欲しいというのが保育園の先生の本音でもあります。

また、子供の迎えに関してですが仕事で遅くなることはしかたないことです。

ですが、仕事が休みなのに子供は保育園に預けて遊びに行ったりして
子供のお迎えが遅くなった場合は困ってしまいます。

笑顔で「大丈夫ですよ」と言いながら、「○○ちゃん、寂しかったみたいですよ
と遠回しに早くお迎えに来た方がよかったと言われることもあるでしょう。

また、そのようなことが続く場合は休みの日は早めに迎えに来るようにと
直接言われることもあるかもしれません。

預ける側も保育園という場所は、家庭での保育に欠ける子供が
行くところときちんと認識し休みの日は早く迎えにいくなど
協力をしてほしいというのが保育園の先生の本音なのです。

園児に対する保育園の先生の本音…贔屓はある?○○にウンザリ?

園児に対しても思うことはあります。
保育園の先生もこの道のプロなので、プロ意識の高い先生は
子供を贔屓するようなことはないと言えます。

ですが、先生にとても懐いている子供ほど
保育園の先生と接する機会が多くなり、可愛がられるでしょう。

手のかかる子ほど可愛いと言いますが
保育園でも、なんでも自分でできる優等生タイプの子供よりは
先生にべったりひっついている子供のほうが可愛がってもらえるでしょう。

保育園の先生も子供が話を聞いてくれなかったりすることには
うんざりしてしまうこともあります。

いうことをなかなか聞いてくれない子供を追いかけたり
子供をひとりでまとめていくことはとても大変なことなのです。

いくらプロとは言え、やはり人間ですから子供の言動に
うんざりしてしまうこともあるものなのです。

まとめ

今回は保育園の先生の本音について紹介してみました。
笑顔の裏には実はこのような本音が隠されていました。

保育園では、年齢によって保育士ひとりあたりがみなければいけない
人数が変わってきますが、多くの子供をひとりでみなければいけないことに
変わりはありません。

お金を払っているからいいやと思うのではなく
保育園が子供をみてくれているから安心して仕事ができてる
出かけることができていると思ってくださる保護者が増えると
保育園の先生ももっと仕事がしやすくなることでしょう。

関連記事

保育園の運動会が楽しみ!大活躍を期待するなら靴選びが大切!?

保育園で我が子が怪我!そのときの対応に不満なのは私だけ?

保育園の先生にお礼を!印象に残るメッセージカードの作り方

雪で保育園を休みたい…これってOK?連絡のタイミングや伝え方は?

幼稚園の面接で聞かれる!?長所と短所は正直に答えても大丈夫?

幼稚園の夏休みはいつから始まるの?思い出に残る過ごし方は?