家事労働に賃金はないけれど…計算したら年収480万円に相当!?

生活していると必ずこなしていかなければいけないものそれは「家事」です!!

ですが、家事は仕事とは違っていくら頑張っても賃金が発生しません。

ですが、家事労働って本当に大変なのです。
賃金もらってもいいんじゃないの!?と思うときもありますよね。

実は、賃金労働って計算すると年齢によっても変わってきますが
月収に換算すると20〜40万円と言われています。

そのことを踏まえてこの記事では専業主婦の不満、家事を軽減するためにも
夫婦で協力できることを考えてみましょう。

家事は労働に当てはまる!?専業主婦が日々不満に思っていること

家事は女性がするものであるという風潮がなかなかなくならない日本では
多くの家庭で女性が家事をしているのです。

我が家も私は出産を機に退職したので
今では専業主婦になりすべての家事を引き受けて行っています。

共働きをしている家庭でも女性が家事をしているという家庭が
実際には多いのではないでしょうか?

家事をすることは賃金は発生しないものの立派な労働である
と言ってよいと私は思うのです。

実際に賃金に換算してもかなりの金額の報酬を
得ることができる働きをしているわけです。

家事を誰かがこなさなくては、家で快適に過ごすことはできません。

賃金は発生しないのですから家事をしてもらっている場合、
少しでもいいので労いの言葉は欲しいと多くの主婦は思っていますよ。

家事労働の負担を少しでも軽く!夫婦で協力してできることは?

専業主婦の場合ですが、家事労働はして当たり前と思われていることでしょう。
たしかに専業主婦ですから、家事を請け負うのが仕事でしょう。

ですが、家事は食事の準備、買い物、洗濯、掃除…簡単に言えば
このようなことがありますがこれを毎日完璧にこなそうとするととても大変なのです。

食事の準備だけでも1日に3回食事の準備から後片付けをしますよね。

その合間に洗濯や掃除、買い物などをしていると
自分の時間がとれるほどゆとりはありません。

少しでも家事の負担を軽くするためにも夫婦でできることは協力するようにしましょう。

例えば、食べた食器は流しまで運ぶ服を脱ぎっぱなしにしないなど自分のことでできることは自分でするようにしてもらうだけでも家事の負担は減りますよね。

夫が家事を手伝ってくれても、自分のやり方と違う!もっとこういう風にできないの?
と責めたことはありませんか?

最近ではこのように家事について、
責めたりすることを「家事ハラスメント」と言われるようになってきています。

夫もせっかく家事の負担を減らしてあげようと手伝ったのに
このように言われて責められては手伝う気になりませんよね。

ですが、少しでも手伝ってくれたらありがとうと感謝の気持ちを伝えるようにしたり

心の中でもっとこうしてくれたら…と思ってもそこはグッと我慢して

  • すごいね
  • さすがだね
  • すてき

このような言葉でご主人をほめてみましょう。

ほめられると嬉しいものなので、
ご主人も積極的に家事に協力してくれるようになりますよ。

私もそうなのですが、普段あまり夫を褒めるということがなかったので
「恥ずかしい…そんなの夫に言えない…」と思っていましたが実際に夫に言ってみると夫も嬉しそうでした。

夫が家事を少しでも協力してくれるほうが
夫婦の関係も上手くいっているような気がします。

ぜひ、上手にご主人に家事を手伝ってもらってみてくださいね。

まとめ

家事労働は賃金に換算するとすごい金額になるものです!
それを無償で行っているあなたはすごいのです。

ですが、たまには自分の時間も欲しいものですよね。

ご主人にもできることは協力してもらい家事の負担を減らすことで
自分の時間もご褒美として確保してみてくださいね。

関連記事

妻が子育てでイライラしがち!夫ができることや注意することは?

汗っかきな子供…寝汗が頭だけすごい!原因や対処法を教えて!

子供の日焼けは大人より危険!?色が戻らない?肌にダメージ?

料理に洗濯に掃除…家事を少しでも楽にする時短アイデア教えて!

幼児が嫌いな人の共通点は?親になれば愛着がわいてくるの?

友達や兄弟とおもちゃの取り合い…子供のためになる親の対応とは?