七五三なのに雨!お参りや写真撮影は延期するべき?最善策は?

今年七五三を迎えるお子様、親御さんそしてご家族の方、おめでとうございます。

七五三を迎えるお子様がいるご家庭では、かなり前から着物や袴のレンタル
写真館や祈祷の予約などたくさんの準備をしてきたと思います。

しかし、家族の準備はしっかりしてきて思い残すことはないと思っていても
当日の天気予報が雨…。とてつもなく悲しくなりますし
着物や袴を着た小さなお子様を連れて雨の中を参拝することを考えると
天候にかまわず続行するか、延期にしてしまおうかと悩むところですよね。

せっかく参加する全員の予定を合わせたということもあり
日程をキャンセルするわけにもいかないという方もいらっしゃると思います。

そこで、七五三当日に雨が降った経験がある方の意見を見ていきながら
七五三に伴う衣装や各施設の予約に関するお金のことについても
合わせて見ていきたいと思いますので参考にしてみてください。

七五三が雨だった人にきく!延期or続行?判断理由は何だった?

七五三を予定していた日に雨になった方の経験談を見ていくと
少しの雨なら続行したという意見がほとんどでした。
土砂降りで傘をさしてもずぶ濡れになるような天候なら
延期や中止という意見も多かったです。

雨の程度にもよりますが、雨が降ってしまっても
当日に七五三をやった方が多かったので
雨の日の対策について少し見ていきたいと思います。

【着物や袴、草履が濡れないようにする】

  • 当日に雨が降ったら、まずはレンタル会社などに
    少しの雨濡れや泥はねの保証があるのか確認しましょう。
    レンタル料に多少の汚れなどのクリーニング代も含まれているようですので
    続行の判断をレンタル会社の返事によって決めても良いかもしれません。

 

  • 雨用の草履や、撥水性のある足袋に変更してもらう。

 

  • 着物専用の雨コートなどもあれば追加レンタルすると安心です。
    もし無い場合は、ダイソーなどの大人用レインポンチョでも
    十分に対策することができるようですよ。

 

  • 大きめの傘で雨からガードする。
    写真撮影直前まで子供には長靴を履かせて歩かせていた
    という意見も多かったです。

 

  • 雨の中屋根があるところまで歩く場合
    着物の裾をあげて帯に挟み洗濯バサミで
    とめて濡れないようにしていたという方も多かったです。
    見た目は少し悪くなってしまいますが
    濡れないためには最善策なのかもしれません。

【思い切って日程を変更する】

どうしても濡れることが避けられないような雨になった場合は
お参りの日程を変更する方が多いようです。
せっかく予定を立てて決めたことではありますが
無理に続行して子供が風邪を引いたり
着物などを汚してしまうよりは…という意見が多かったです。

当日の親の荷物が多かったり子供自身で着物を汚さないように
するというような管理が難しい場合は、写真撮影だけその日に済ませ
お参りを別の日に変更するという意見もありましたよ。

また最近では、11月15日にこだわらずに七五三をする風潮も広がっています。
実際に10月中旬頃から写真撮影やお参りを受け付けているところも多いですので
年内を目処に縁起の良い日を選んで、延期するご家庭も多いようですよ。

写真撮影は?レンタル衣装は?七五三を雨で延期するときの注意点

雨が降ってしまうと、写真撮影やお参りを1日で全て済ませたいと
思っている方などはレンタル衣装のキャンセルを考えてしまいますよね。
しかし、写真館などにもよりますが衣装レンタルのキャンセル料を
取られてしまうこともあるようですので、少しの雨なら対策をしつつ
続行した方が良さそうです。

それでは、七五三を雨で延期するときの注意点や体験談を
見ていきますので参考にしてくださいね。

【レンタル衣装のキャンセル料を取られる場合がある】

もちろん全ての写真館に当てはまることではありませんが
キャンセル料を取られてしまう場合、約3,000円〜5,000円程かかることも
あるようですので、必ず事前に確認をしておいてくださいね。

【次回レンタルするとき、同じ衣装・好みの衣装を借りられない場合がある】

1度衣装をキャンセルしてしまうと
次回同じものを借りられ無い場合があります。
レンタル衣装は予約制ですので、予約に空きがない場合は
好みのものではないものしか借りられない場合も…。

【縁起の良い日は全て予約で埋まっていて、写真撮影をすることができなかった】

写真館での撮影も予約制です。雨が降っていても、写真撮影だけは
行った方が良いかもしれませんね。
お参りを諦めざるを得なかった方は、撮影だけレンタル衣装を着て行い
お参りは洋服で後日改めて行ったという方もいましたよ。
写真撮影・お参りの全日程を延期する場合は
予約を取り直したり家族のスケジュールを合わせるのが大変なようです。

【写真撮影もキャンセル料を取られる】

衣装のレンタルとセットでキャンセル料を取られることも多いでしょうが
当日の撮影予約のキャンセル・ヘアメイクや着付けの予約のキャンセルは
それぞれのプロを手配していますので、キャンセル料を取られることを
想定していた方が良さそうです。
写真館によって料金が異なりますので、事前に確認していた方が安心ですよ。
また撮影は前撮りで済ませている場合、雨の日でお参りのための
衣装レンタルをキャンセルする場合はキャンセル料が無料になることが多いようです。

まとめ

子供の成長を祝う七五三、季節により天候が急変することもありますのが
色々なシチュエーションを想定・対策を考え
家族みんなが楽しく過ごせる一日になることを願っています。

関連記事

七五三の不思議!男の子は一回なのに…なぜ女の子は二回なの?

七五三で幼稚園を休むのはあり?理由は正直に言って大丈夫?

七五三!なのに熱が下がらない!無理してでも行く?中止する?

七五三を控えているけれど…身内に不幸があった場合はどうなる?