生後1ヶ月のミルクの量…目安はどれくらい?完ミの場合は?

なんらかの理由があって、

母乳ではなくミルクで育児をするママも

最近では多くなってきていますよね。

 

例えば、母乳の量がなかなか増えない場合、

自分の乳首の形が赤ちゃんにとって母乳を飲みにくい場合

または、誰かに預けることや、

保育園に早いうちから通うことを想定している場合など

ミルクで育児をする理由は人によって違いますよね。

 

完全ミルクで育児をする場合、

赤ちゃんに与えるミルクの量や授乳の間隔など

母乳とは異なる点も多々あるでしょう。

 

この記事では赤ちゃんを完全ミルクで育てようと思っている人に

ミルクの量や授乳間隔、ミルク育児のポイント

わかりやすく紹介します。

生後1ヶ月のミルクの与え方…母乳育児と完ミ育児では異なるの?

完全母乳と完全ミルクまたはどちらも与える混合育児など

赤ちゃんの授乳の方法は主にこの3通りでしょう。

 

完全母乳の場合は、

赤ちゃんが欲しがれば時間を気にせず

前の授乳からあまり時間が経っていなくても授乳してもよいのです。

 

生後1ヶ月ではまだ母乳の量も安定していないので

1回の授乳で必要な量を赤ちゃんが飲めない可能性もあります。

そのため、頻回授乳で量を補う場合もあるでしょう。

 

母乳はミルクに比べ消化がよいので、授乳間隔が空かなくても

赤ちゃんのお腹に負担がかかりにくいのです。

 

ミルクの場合ですが、よく言われているのが前回の授乳から

3時間は時間を空けて授乳するようにすることと言われています。

 

なぜかというと、ミルクは母乳に比べ腹持ちがいいことと

ミルクは消化に時間がかかるため3時間以上空けなくては

赤ちゃんのお腹に負担がかかってしまうからです。

 

補足ですが、混合の場合も同じで母乳は欲しがる時に

いくら与えても大丈夫ですが、

ミルクを足す時間は必ず3時間以上は

時間をあけるようにしてくださいね。

ミルクの量や授乳間隔…完ミ育児のときに気をつけたいことは?

ミルクを使って育児をする場合ですが、

必ずミルクのパッケージに書かれている量や、

授乳の間隔は守るようにしましょう。

 

目安としては生後1ヶ月の赤ちゃんは1回の授乳で120ml〜160ml

ミルクを1日に6回です。

 

授乳間隔ですが、3〜4時間に1回のペースで授乳しましょう。

 

完全ミルクで赤ちゃんを育てる場合ですが

授乳の間隔を必ず3時間以上空けるようにする他にも

注意したいことがあります。

 

まずは、生後1ヶ月の赤ちゃんの場合必ず毎回哺乳瓶の消毒をしましょう。

生後3ヶ月頃までは赤ちゃんの免疫が低いため

少しの細菌でも病気に感染してしまうことがあります。

 

また抵抗力もないため、なんらかの病気にかかってしまうと

一気に重症化してしまう恐れがあります。

 

赤ちゃんを感染症から守り安全に授乳するためにも

面倒だと思わず必ず毎回消毒をするようにしてあげてくださいね。

 

消毒方法は、市販の消毒液を使うもよし、

お湯を沸かし煮沸消毒でも

あなたのやりやすい方法で大丈夫ですよ。

 

私は時短のため市販の消毒液をつかっていました。

毎回消毒液を作り変える必要もなく、

1度液を作ると24時間使用可能なので

とても簡単に消毒ができたのでよかったです。

まとめ

 

私もなかなか母乳の量が増えず、

生まれてすぐから混合で育児をしていました。

ミルクで育児をする理由は、私のように母乳が出ないことや

保育園に早くから預けるためなど様々でしょう。

 

ミルクで育児をする場合は注意点もたくさんあります。

3時間以上は授乳間隔を空けること

消毒は必ず毎回行ことです。

 

赤ちゃんのお腹に負担にならないように

授乳間隔をしっかりあけること

感染症の予防のためにも消毒は必ず行って、

安全に授乳できるといいですね。

関連記事

愛情不足の赤ちゃんの特徴は?今からでも遅くない対策も教えて!

赤ちゃんの首がないのはなぜ!?成長が遅い?病気の可能性は?

離乳食初期におすすめの野菜は?量の調節や進め方も知りたい!

初詣に赤ちゃんを連れていっても大丈夫?気をつけるべきことは?

子供が車で寝たら…車内に置いたままにしてはいけないの!?

妊婦が食べてはいけないものは?穴子がNGと言われるのはなぜ?