ついに離乳食!初期の量の目安は?食材やメニューも知りたい!

赤ちゃんは生まれてから長い間、ママの母乳やミルクで
栄養をもらって大きくなっていきます。

しかし、赤ちゃんが成長していくためには
いつまでも母乳やミルクでは成長していけません。

そして離乳食がはじまるわけです。

ですが、はじめてのママにとっては離乳食ってハードルが高い!!
そんな風に感じているママもたくさんいることでしょう。

この記事ではこれから離乳食をはじめるママに向けて
離乳食の進め方のコツや調理のコツについて紹介します。

離乳食はいつから始まる?初期の注意点や量の調整方法は?

ママの母乳や、ミルクから卒業するために
これから食事をしていくための練習としても
離乳食は赤ちゃんにとってとても大切なのです。

そんな離乳食をはじめる時期ですが
赤ちゃんが5ヶ月になった頃を目安にはじめるのがよいと言われています。
これはよく聞く話なのでみなさん1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

ですが、それはあくまでも目安でしかありません。

5ヶ月になったからすぐにはじめなくては!!と焦ることはないのです。

離乳食をはじめるためには赤ちゃんの成長が大きく関わってきます。
赤ちゃんが次のようなサインを出したことを確認したら
離乳食のはじめどきなのです。

  • 首がしっかりすわっている
  • 支えてあげると、座れる
  • 食べ物に興味を示す
  • 口をもぐもぐさせるような仕草をする
  • 食べ物を見るとよだれを流して食べたそうな様子を見せる
  • スプーンを口に入れると舌で押し出さなくなる

このような様子が赤ちゃんに見られたら離乳食をはじめる
時期がやってきたということなので離乳食をはじめてみましょう。

離乳食初期の注意点ですが
赤ちゃんにとってはどの食材もはじめてのものなのです。

ですから初期の頃は食べさせようと必死にならなくても
赤ちゃんが嫌がるようならやめて様子を見ましょう。

離乳食の進め方ですが
まずは10倍粥からはじめてみることがおすすめです。
量は小さじ1から徐々に増やしていき、1ヶ月後には10倍粥を
大さじ1程度食べれるようになることを目標に進めてみましょう。

2週間目には10倍粥に加え、野菜を1種類食べさせてみます。
慣れたら3週間目には野菜を2種類に増やしてみます。
4週目には豆腐や白身魚を増やしてみてくださいね。

どの食材もはじめてのときは小さじ1の量から少しずつ増やすようにします。

離乳食をはじめる頃の赤ちゃんは
まだ歯が生えている子も少ないですから
調理はなめらかなペースト状にしてあげるといいです。

さらさらしていてもパサパサしていても食べにくいので
ある程度のとろみがあるほうが赤ちゃんは食べやすいですよ。

工夫をして食べやすいように調理をしてみてあげてくださいね。

赤ちゃんの好みの味は?離乳食初期におすすめメニューはこれ!

赤ちゃんの好みの味ですが
赤ちゃんによって違うので一概には言えませんが
甘みのあるものが食べやすいと言えます。

かぼちゃやにんじん、さつまいもなどは
野菜自体に甘みもあり食べやすそうに食べていましたよ。

離乳食の初期におすすめのメニューですが
10倍粥に野菜のペーストを混ぜてつくる野菜粥がおすすめです。

食べにくい野菜もおかゆに混ぜると食べやすくなりますよ。

まとめ

はじめてのママでもコツさせつかめば
離乳食も進められます。

10倍がゆや野菜のペーストなど赤ちゃんが食べやすい食材を
選んで食べさせてあげるようにしていきましょう。

難しいと思う人もいると思いますが
難しいと思わなくても大丈夫ですよ。

進め方や調理の仕方をわかっておけば
やっているうちに離乳食はどんどん進むものです。

赤ちゃんのペースに合わせて進めてあげてくださいね。

関連記事

赤ちゃんの泣き声はうるさい!?近所迷惑にならないための対策は?

生後5ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない!どうすればいいの?

ベビーカーはいる?いらない?使わない育児ってどんな感じなの?

ベビーカーでエレベーターは迷惑!?どうすれば快適に利用できる?

赤ちゃんがよく頭突きをするのはなぜ?頭への影響はあるの?

赤ちゃんの足短いのはなぜ?病気?成長すると自然に伸びる?