夫婦喧嘩を子供が仲裁はNG!?成長に影響を及ぼすことになる!?

夫婦とは言えもとは他人。
一緒に過ごしていると時に夫婦で喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。

そして時には子供の目の前で喧嘩をしてしまった
なんてこともあるのではないでしょうか。

子供は親の喧嘩を仲裁しようとするでしょう。
「親の喧嘩をやめさせようとしてくれるなんてうちの子ってなんて優しいの。」
と思う親もいるかもしれませんが
この行動が子供の成長に実は悪影響って知っていましたか?

今回は子供が親の喧嘩の仲裁に入ることで
子供の成長にどんな影響があるのかをお話したいと思います。

この記事を読んで今一度子供の前で喧嘩をすることの
重大さを実感していただきたいと思います。

夫婦喧嘩が多い家庭の子供…その特徴や成長への影響は?

喧嘩がダメなことだとは言いません。
我が家でも時には夫婦で喧嘩をしてしまうことだってあります。

だって他人なんだもの。
夫婦とは言え考え方だって違うし、感じることも違うのですから
意見が食い違うことだってありますよね。

しかし、日常的に夫婦喧嘩をしていると
その様子を見る子供は辛いものです。

だって子供はパパのこともママのことも大好きですから
大好きな二人が喧嘩をすることは悲しいことですよね。

そんな風に子供の目の前で喧嘩をすることの多い夫婦の子供には
実はあまりいい影響がないのです。

なぜかというと、日常的に親の暴力や暴言を聞いて育つと
脳が萎縮してしまうということがあるそうなのです。

脳が萎縮することで記憶力や勉強に影響が出てきてしまうのです。

それだけでなく、子供の感情にも影響を及ぼすこともあるのです。

親の喧嘩を見ることで、不安や怒りを感じやすい子になったり
感情のコントロールの苦手な子供になってしまうわけなのです。

また、自己肯定感が育っていかない原因になるので
自分の存在価値が見いだすことができないような人間になってしまうという
恐ろしいことにもなってきてしまうのです。

子供の前で喧嘩をするって子供にとっていいことって何もないですね。

夫婦喧嘩勃発!子供が仲裁しようとする…どうすればいいの?

夫婦喧嘩を子供が目撃すると、子供としては仲裁しなくちゃ!
なんとしても喧嘩をやめさせなくては!という気持ちになりますよね。

私自身も小さい時親の喧嘩を見てしまったことがありますが
離婚しちゃったらどうしよう…というような不安な気持ちにかられ
必死で喧嘩の仲裁をしたことがあります。

子供の心理としては親の喧嘩は不安でしかありません。

子供が夫婦喧嘩を仲裁しようとすることもきっとあると思います。

夫婦なんですから、思っていることはちゃんと伝えるべきです。
しかし、子供の前で夫婦喧嘩をするということは
避けたほうがいいと言えるでしょう。

また、感情的になって暴言を言いお互いを罵り合うのではなく
落ち着いて喧嘩ではなく話し合いをするという形をとったほうがいいと言えます。

私も子供が生まれる前までは、夫と喧嘩したこともよくありますが
このことを知ってからは子供にはのびのびと育って欲しいと思うので
子供の目の前で感情に任せて喧嘩をするということはやめようと
思いながら過ごすようになりました。

夫にもっとこうしてほしい!こういう風にしてくれたらいいのにと思うことも
ありますが、言葉で伝えるとつい喧嘩になりがちなので
メールで伝えるようにしたり、してほしいことを紙に書いて渡すというようにし
極力喧嘩にならないような方法を考えるようにしています。

まとめ

子供の前で喧嘩をすることの恐ろしさわかっていただけましたか?
未来ある子供を親のせいで、のびのび育たないなんてことになっては
親としては悲しいですよね。

今一度、夫婦の喧嘩について考えてみてほしいと思います。

関連記事

妊婦になっても運転したい!いつまで可能?どうするシートベルト?

生後4ヶ月の平均身長や体重は?増えないときはどうするべき?

子供が友達とお泊まり会!ご飯&寝具はどうする?気をつけることは?

子供の日焼けは大人より危険!?色が戻らない?肌にダメージ?

平日or土日休日?小学校の運動会は何曜日に行われることが多い?

子供のことを考えると悩める…引っ越しのタイミングはどう決める?