赤ちゃんと犬の事故は多い!?動物と一緒に過ごすときの注意点は?

赤ちゃんが生まれる前から犬を飼っている家庭も多いと思います。
また逆に産まれてから犬を飼う家庭もあるでしょう。

動物と一緒に暮らす事で免疫力が上がったり癒しがあったりとメリットがありますが、
注意点ももちろんあります。
事故を事前に防ぐためには、あらかじめどの様な危険があるのか
しっかり把握しておくことがとても大事です。

今回は赤ちゃんと犬が一緒に過ごす時の注意点をご紹介しましょう。

赤ちゃんと犬の事故例から考える!我が家のペットの危険度は?

赤ちゃんと犬の事故はどのような事が考えられるのでしょうか?

一番多い事故が犬が赤ちゃんに噛みついてしまう事故です。
赤ちゃんも小さいと犬が何なのかもわからなくて当たり前。

つい顔の近くに手をやってしまい噛みつかれてしまうというケースもありますが、
さらにお昼寝をしている赤ちゃんに犬が噛みつくという事故も多いんです。

甘噛みならましかもしれませんが犬に噛まれたことによって
赤ちゃんが死亡してしまったケースも少なくはないのです。

かみつく以外にもドックフードを間違って食べてしまうというケースもあります。
死には至らないかもしれませんがとても危険ですよね。

我が家は小さい犬だから大丈夫と言う人もいるかもしれません。
犬の大きい小さいは関係ありません。
もちろん大きい犬の方が噛む力もあるのでより危険度は増しますが、
小さい犬でも噛まれた箇所によってはとても危険です。

犬を飼っている家庭にとっては犬も家族の一員と考えている人も多いと思いますが、
赤ちゃんも犬も安全に過ごせるように、他の家族がしっかりと
その環境を整えてあげましょう。

赤ちゃんも犬も気持ちよく暮らしたい!事故を防ぐためにできること

では赤ちゃんも犬も気持ちよく過ごせるようにするためには、
どの様な点を注意したらいいのでしょうか?

  • 犬のしつけをしっかりする

最低でも「待て」「お座り」「アイコンタクト」が出来るようにさせることが必要です。
小さい子供は急に大きな声を出したり、犬の毛やしっぽを引っ張ってしまったりして
実は犬は小さい子供を苦手とすることが多いんです。

ですがしつけをしていく中で飼い主との信頼関係を作る事で、
飼い主が大切にしている赤ちゃんも同じように犬も大切にしようとしてくれます。

その中でじゃれ合うつもりで犬は赤ちゃんによって行ったとしても、
飼い主からの「待て」などの指示で事故を防止することが出来ます。

  • 赤ちゃんはベビーベットで寝かせてあげましょう

赤ちゃんがお昼寝をしている時は、ママも他の用事をしたり
つい一緒に寝てしまったりすることが多いと思います。
という事は赤ちゃんから目が離れる時間があるという事です。

その時に万が一犬が赤ちゃんを噛みついたりしないように、
ベビーベットで安全なところで寝かせてあげましょう。

  • 犬のストレスを減らしてあげましょう

もともと犬を飼っていてその中で、赤ちゃんが生まれると赤ちゃんに割く時間が増え
犬をかまってあげる時間が減ってしまうという事があります。
そうすると犬も人間と同じようにヤキモチをやいてしまうんです。

赤ちゃんがいる中でも犬と一緒に遊んであげたり、イタズラをしても
すぐに怒らないようにして犬のストレスを減らしてあげましょう。

その他にも事故以外にも犬と赤ちゃんと一緒に暮らすには、
アレルギーや衛生面なども気を付けてあげましょうね。

大人と比べて免疫力が低い赤ちゃんは犬からのウイルスでも
風邪や病気になってしまう事もあります。
また犬が食べたご飯のお皿や排泄物のシートなども触らないように、
ゲージなどもしっかり用意してあげましょう。

まとめ

赤ちゃんと犬が一緒に暮らす中で事故が多かったり、
衛生面などが心配と感じる人もいるかもしれません。

ですがデメリットばかりではありません。
風邪や感染症、喘息などにかかりにくくなり免疫力が向上すると言われています。
安全に楽しく一緒に過ごせるように、出来る限りの環境の準備そしてしつけをして
過ごすように心がけましょう。

関連記事

赤ちゃんのお座りを助ける椅子がある!?その使い方や注意点は?

生後5ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ない!どうすればいいの?

生後1ヶ月のミルクの量…目安はどれくらい?完ミの場合は?

赤ちゃんのヘアカットを美容院で!いつから連れて行くことは可能?

お年玉の相場って一体どれくらい?赤ちゃんの場合はどうしてる?

赤ちゃんの頭にうっかりスマホを落とした!骨や脳への影響が心配!