新生児の我が子が便秘がちで心配!おならは出るのにどうして?

新生児は自分自身で体の向きを変えたり、
立って歩いたりすることができませんので、
寝返りができるようになるまでは
どうしても運動不足になってしまいます。

そのため便秘になりやすく、
おならが出ていてもうんちが出ない
ということも少なくありません。

ここからは、おならの様子 から
新生児の便秘がどの程度なのか見分ける方法について
見ていきたいと思います。

母乳と便秘の関係性についても紹介していきますので、
ぜひ参考にしてみてください。

新生児の便秘の原因や解消法は?〇〇を見直せば治ることも?

生まれてすぐの赤ちゃんは、胃結腸反射と呼ばれる
胃に食べ物が入るとすぐに直腸が反応して排便運動をする仕組み
が備わっているために、母乳やミルクを飲むたびに
うんちが出るようになっています。

しかし、この胃結腸反射は生後一ヶ月前後からだんだんと弱まり、
赤ちゃんは自力でうんちを出さなくてはいけなくなります。

このような理由で、生後3週間〜1ヶ月前後の赤ちゃんは
うんちの回数が減ることがあるのです。
しかしそれよりも早い持期に便秘になっていると
感じるのであれば、他に理由があるかもしれません。

生後間もない赤ちゃんが便秘になる原因には、

  • 水分不足
  • 排便の機能が未熟である

などが考えられます。

特に母乳で育てている赤ちゃんは、
一度に飲む母乳の量を計ることができないため、
量の多い・少ないを見逃してしまいがちです。

1回の授乳で30分以上かかる、
あるいは時間が短すぎても母乳の量が足りず
便秘になっていることもありますので注意してください。

このような原因による便秘を解消するためには、

  • 母乳を与えた後にミルクを追加で飲ませてみる
  • 白湯や、オレンジ・みかんの果汁を
    白湯で薄めたものを一口から飲ませてみる
  • 砂糖水を飲ませる
  • お腹のマッサージ
  • 足の運動で腸の動きを活発にする

などの方法があります。

繰り返しになりますが、
新生児は胃結腸反応による排便が主ですので
お腹のマッサージよりも先に水分を与えてみる方が
効果的だと考えられます。

また、うんちが出ていなくても赤ちゃんの機嫌が良く、
お腹を触って見ても強く張っている様子がなければ
心配することはありませんので、確認してみてくださいね。

母乳で育てている方は、母乳の量や質によって
赤ちゃんの便秘を解消することもできますので、
次のことを参考にしていただければと思います。

  • 母乳の量を増やす
  • ママの食生活を見直す

母乳の量を増やすというのは、水分不足の解消と同時に、
母乳に含まれるオリゴ糖による赤ちゃんの腸内環境を正常に保つ
という意味があります。

この「水分・オリゴ糖」は赤ちゃんの便秘に
大きく関係してきますので、母乳が足りずに
便秘になることがないよう、気をつけてみてください。

そしてママの食生活についてですが、
赤ちゃんが胎内にいた時と同様に、
母乳で育てられている赤ちゃんは
ママの食事を直に母乳として受け取ることになりますので、
肉だけの偏った食事であったり、野菜不足などが続くと、
赤ちゃんの便秘の原因にもなってしまいます。

あまり難しく考えすぎず、
基本的な食事のバランスを見直すことで
赤ちゃんの便秘の解消に繋がると思いますよ。

便秘の時のおなら…回数や臭いで赤ちゃんの体調をチェック!

まだ新生児なのに、気がつくと1日に何度も
「ぷっ」とおならをしている赤ちゃんもいると思います。

おならの回数が多いのではないか…便秘だから…?
と心配になる方もいらっしゃるでしょうが、
基本的には赤ちゃんも1日に
大人と同じくらいの回数おならをします。

その理由は、泣くときや母乳やミルクを飲むときに
たくさんの空気を吸い込んでしまうからです。

その空気をゲップとして外に出すのが上手な赤ちゃんもいれば、
ゲップが苦手でおならとして出す赤ちゃんもいます。

後者に当てはまる赤ちゃんは、
おならの回数が多いかもしれません。

また、新生児の間は母乳やミルクを飲むたびに
うんちが出ますので、腸内に食べ物が滞留する時間が少なく
基本的にはうんちもおならもほとんど臭いません。

ですが生後3ヶ月頃になると、胃結腸反応が弱まるとともに
排便の機能が発達することで、
うんちを体内に留め自ら排便をするメカニズムが整っていきます。

そうすると、その分食べ物が腸内に長く滞留し、
その間に発酵されることによって
うんちやおならの臭いも強くなります。

このような排便機能がまだ整わない新生児のうちに、
おならの臭いが気になるようであれば、
食べ物が腸に留まり便秘になっているかもしれません。

おならの回数はあまり気にしなくても良いですが、
臭いが強い場合は水分を与えるか、お腹のマッサージをして
うんちを出す手助けをしてあげてくださいね。

まとめ

赤ちゃんのおならですら可愛いと思うのが親心ですよね。

ですが、そのおならが赤ちゃんの体調の変化を教えてくれる
サインになることも忘れてはなりません。

苦しそうにおならをしたり、臭いが強くなっている場合は
便秘のサインである可能性が高いでしょう。

便秘の解消法を試してみてもなかなかうんちが出ない時は、
すぐに受診してくださいね。

関連記事

赤ちゃんの便秘解消のカギはミルク !?その選び方や飲ませ方は?

母親がインフルエンザに!赤ちゃんを守るためにはどうすればいい?

赤ちゃんの顔立ちはいつ決まる?成長につれて変わってくることも?

乳児と一緒に旅行!温泉は避けるべき?一緒に楽しむコツはある?

新生児の行動は謎だらけ!うなる&伸びするのは当たり前のこと!?

赤ちゃんの頭に穴発見!この正体は何?自然に閉じるものなの?